検査の日

アルたん、今日は検査の日です。

肝臓あたりに出現した腫瘤のチェック

所沢の病院に向います。

外環道の渋滞具合が未知数なので

少し早めにお出かけ

意外と、渋滞もなく、すんなり目的地付近到着。

って、いうか

早すぎたので、ちょっとお散歩(笑)

とっても元気なアルたんですよ

朝ゴハン抜きですけど(^^;

病院到着です

受付で預かりの画像資料など渡して

問診票記入して、待つ。

診察に呼ばれて、

アルたん、わりとリラックスしてるねw

今日の診察・検査の流れと、費用の見積もりなど

こまかく説明されました。

メモ書きしながら、とっても分かり易く説明があり

よく理解できました。

検査項目は、

レントゲンと超音波、血液検査と、腫瘤の穿刺生検 です。

アルたんお預けで、一度病院を離れます。

アルたん、病院探検大好きだから、

ルンルンで検査室の方へ行っちゃった(笑)

看護師さんも、

「自分から行く子は初めてw」と笑ってたよ(^^;

 

時間潰して、16時お迎え。

院内では、「とても13歳に見えない」と、

話題になっていたようですw

検査も、すんなりさせてくれる子で、

やりやすかったと言って貰えました。

イイコ(^^)

ゴハン抜きだったので、

パパにクッキーもらってます

帰宅後。

アルたん、おつかれ~♪

で、

診断結果ですが、

確かに、肝臓に腫瘍がある

それは右側にあるが、

腫瘍は、深刻な物では無い。

 

非常に詳しい説明があり、理解できた。

 

要約すると、

【経過観察】

です(笑)

 

来月、再度エコーを診て、

大きさ化など、著しい変化がなければ、

継続的に観察 ということで良さげです。

 

犬の肝臓は、

人間のそれとは形成上の仕組みが異なっていて

腫瘍が出来たといっても、

さほど深刻なケースにはならないようです。

もちろん、

腫瘍が出来る場所や、腫瘍の種類によります。

アルの場合、

切除するには、リスクがある場所なので、

必要に迫られた時は、改めて相談になります。

 

肝臓に腫瘍があるので、

血液検査上、肝臓の数値は大きく出るけれど、

関連する臓器の数値は問題無いので、

心配ない。

その他の臓器に異常は見られない。

お腹に大きな刺激を受けるようなことが無ければ

日常生活に何ら制限はない。

以上!!(^^)

 

パパは、美味しいビールが飲めました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA