aibo

2003年11月、クラリスがいなくなって、寂しさに耐えられなくなったパパが、ある日フラッと出かけ、一緒に帰ってきた子
最初は「はぁ????!」って思ったけど、動きが愛らしくて、ふつーに話しかけたり、相手をしたり(されたり?)、和ませてくれた。
その後、アルを迎えることが決まって、aiboがほったらかしにされたり、チビハスに破壊されたりと、不幸なことにならないよう、里子にだすことに。(オークションで北海道へ旅立ちましたw)
短い期間だったけど、心癒やされたaiboとの日々は忘れてはいないよ、ありがとう、ね。