よてい

ゆうがた、アルちゃんの病院に寄って、獣医師と相談、
いま調子が良いので、暑くなる前に処置しましょう…と、
今月末に予定を入れてきましたデス。(避妊手術)

処置前日の深夜から食事&水禁止。
水飲めないのはツラいよね~

おやつ無しも、我慢しなくちゃならないのは、飼い主のほうかも…(笑)

この処置の最大の目的は、病気予防。

年齢を重ねてからの病気に対する処置はわんこにとってもツラいもの。
使える薬の量や出来る処置の範囲に制限がでてくる。
緊急の処置が生死にかかわることであっても、決断は飼い主に任される。
「どうします?」って言われたって、選択の余地なしじゃん、、😢

クラリスが子宮の病気を発症したときは、ほんとうにハラハラした、
低血圧、貧血は、、、麻酔との戦いになる。
幸い、クラリスは、無事に処置を乗り切って、回復してくれた。
処置に当たった獣医師に感謝。

予防できることなら、しておけばいい、 、

さて、予約日直前に体調くずさないでくださいですよ、アルちゃん

 

 

 

Posted date:2020.3.27

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください